マッサージや整体をする整体師には実は資格は不要なのです

勉強道具

進路の舵取りは計画的に

医者と看護師

看護師や助産師など、看護の仕事をしたい場合、その進路はいくつかのルートがあります。おおまかに分けると、大学を経るルートと、看護専門学校を経るルートになります。メリットとして大学にも看護専門学校にも異なるメリットがあります。あまり時間をかけずに就職し、戦力になりたいと考えているのであれば、オススメは看護専門学校です。大学よりも短い期間で学習し資格を取得できます。学費を安価に抑えるなら、公立系の看護専門学校が期間と学費を削減できます。就職に有利で、より実践的なカリキュラムを習うので新人の中でも優秀になれるでしょう。病院に付属している専門学校なら仕事先の目星をつけることもできるでしょう。大学では、期間は4年と長いのですが、ほぼ、必要な看護資格の取得や、求める資格以外の資格を取得することもできます。さらに基本給料において、大学卒業を経て看護職に就く方が数千円から数万円高く設定されています。病院附属の看護学校は人気が高く、倍率も高い傾向があります。より多くの資格や、進路を広げたいなら大学がオススメです。やりたいことや必要な資格が決まっている状態で時間をかけたくない場合は専用学科のある看護専門学校を利用すると良いでしょう。自分のなりたい進路から考えて、専門学校か大学かを選ぶと良いでしょう。ルートを選んだら、学校同士を比較して検討が重要です。ネックになるのは合格率、資格取得率、卒業率、就職率です。入学人数と帳尻が合うか、ひどく差がないかを確認しておきましょう。