マッサージや整体をする整体師には実は資格は不要なのです

勉強道具

新旧や附属の有り無し

2人の看護師

看護学校選びにおいて、気になるのが新しい学校か、伝統のある学校かといった雰囲気や設備。さらに附属病院があるのかどうかも気になるのではないでしょうか。看護学校を選ぶ際、新しい学校を選ぶと設備や、システム、カリキュラムなどが新しい物を取り入れていることも多々あります。設備や建物がキレイということもあります。革新的なカリキュラムや方法を取り入れているケースもあるので、看護学校ごとに違う内容を確認してみるのも良いでしょう。古い学校であれば、それだけ資料や情報、少し前の設備なども扱っており、過去の症例や情報を得ることが可能と考えられます。また、歴史があることで、カリキュラムや就職率、資格取得率が安定していることも考えられます。看護学校を選ぶ際は、カリキュラムや施術情報、検証機械から探すのも、校風で探すのも良いでしょう。その他、看護学校の比較でよく悩むこととして、病院が附属かどうかだと思います。附属病院がある看護学校であれば、授業ごとに移動費や移動の手間がかからないメリットもあります。また後の就職先となる場合もあるので、研修の時点でやり方や雰囲気になれることができるのも大きなメリットでしょう。そのため附属病院がある看護学校には人気が集中します。しかし、附属病院だけでは実習しきれないものもあるので、選択の視野が広がる附属病院なしの看護学校にも、多くの人が通っています。自分に合った看護学校を探して、選ぶのが重要です。