マッサージや整体をする整体師には実は資格は不要なのです

勉強道具

あん摩や指圧の医療行為

マッサージ

あん摩マッサージ指圧師には整体師と違い、国家資格があります。あん摩マッサージ指圧師になるためには、国家資格の取得が条件であり、無資格者が業務を行なうことはできません。スクールや専門大学のあん摩マッサージ指圧師コースやカリキュラムで学習して修了、国家資格の取得が必要になります。資格を取得すると厚生労働省に取得者の情報が登録され、医籍として扱われます。あん摩マッサージ指圧師は医療行為を行なう医者と同等ということです。資格取得における条件としては専修学校で3年以上の学習で、あん摩マッサージ指圧師の国家資格を受験できる。受験後落ちたら、無論資格は取得できない。国家資格に再チャレンジになる。4年制大学や3年の専修学校や育成学校に通って、資格を習得するため、期間が必要である。また、整体師やエステのマッサージなどに客を持っていかれることが多いので、業務独占資格とは名ばかりになってしまっているのがあん摩マッサージ指圧師の問題とされています。リラクゼーションマッサージやカイロプラクティックなどでの法律が整えば状況は改善されると考えられますが、まだ現状改善される様子がないといった問題があります。医療行為を行なうことが可能な資格があるあん摩マッサージ指圧師は、人々の健康をサポートするのに重要な役割も持つ仕事です。あん摩マッサージ指圧師になることで、あん摩、マッサージ、指圧を持って異常を解消する正当な許可が与えられるのです。